ゆうPAN 活動報告 | 花岡児童総合研究所

ゆうPAN 2017.5.27_28 檜原生活体験合宿

買い物

前回の活動で、メニューは決まっていたので、スーパーに到着後すぐに買い物をしました。

初めは、買う物も把握せずバラバラに動いていましたが、一言声をかけると、メモを見ながら協力して買い物を始めました。

しかし、なかなか前に進めません。まだメンバーだけで相談しながら買い物するのは難しいと改めて感じました。

夜ご飯作り

夜ごはんは中華ビュッフェ。何から作るか相談後、分担しそれぞれ作業に移ります。何が必要か、材料はどんな切り方をするのか、スタッフにわからないことは質問し、作業が終わったら報告。

しっかり出来るようになってきました。みんなで作ったご飯は格別に美味しい!そして友達に感謝の言葉を添えながら最後まで楽しく食事をしました。

振り返り

夜のミーティングでは、恒例の一日の振り返り。みんな口をそろえて食事の片付けを頑張ったとの話。

話を聞くと、今までの経験から様々な事に気をつけて丁寧にやっていたようです。また冷静に自分の行動を振り返り、こんなことが良くなかったと素直に話す事が出来、次の日の目標も立てるメンバーもいました。

自由時間(山の散策、川遊び)

一日目は、涼しかったので山へ散策に出かけることにしました。

山に入る前に、いつもお世話になっている大野さんのお家に挨拶に行きました。

庭の池にカエルの卵があり、不思議そうに観察。これからオタマジャクシになるのを楽しみにしている様子でした。

しばらく歩いていくと山葵田がありました。こんな風に、綺麗な水のところに山葵ができることを知り、これも又良い勉強となりました。

山道は、でこぼこ道・細い道・斜めの道など歩きにくさもありますが、木の根っこなどを頼りに斜面を登ったり下りたり。

体も大きくなり体力もつき、考えて工夫も出来るようになったメンバー。スタッフの助けが無くても大丈夫。安心して一緒に歩けるようになり、みんなの成長を感じました。

二日目は川へ行きました。様々な生物を見つけ興味深々に観察していました。

洗濯物(干す、取り込む)

毎年、練習している洗濯物。メンバーのほとんどが、最近では家のお手伝いをしている事もあり、干す事や畳むことは上手になってきています。

そこで今回は、取り込むタイミングに重点を置き行いました。

取り込むにはまだちょっと早い時間に、洗濯物を触りに行き、乾いているのか、まだ濡れているのかを触って確認してもらいました。

脇の部分が濡れていても、ほとんどのメンバーが一部分を触って「乾いている」との回答。

服によって、乾きやすいところと乾きにくいところがあります。それが見極められるよう、練習を繰り返し行っていきたいと思います。

是非ご自宅でも、お時間のある時に洗濯物を確認して取り込むよう、声かけしてもらえたらと思います。

美濃幸子(ちゃっぴー)

Last Update 2018.3.18 Copyright (C) 2000-2018 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談