ゆうPAN 活動報告 | 花岡児童総合研究所

ゆうPAN 2016.9.25 旅行の練習 横浜の旅

いつか仲間だけで旅行に行けたら、きっと楽しいだろうなあという夢を描きつつ、相談して進めるという練習を重ねてきました。

「相談して決めよう」と言葉では簡単に言いますが、これがなかなか難しい。初めは自分の気持ちもわからずに意見が言えなかったり、自分の思いだけ伝えて相手の言葉が耳に入らなかったりの繰り返しでしたが、少しずつ「○○くんは何がいい?」と投げかけ、「○○だからこっちがいいな」と理由を添えられるように。

スタッフはなるべくメンバー間で相談できるようにしばらくは見守るスタンスでいますが、みんなが困ってしまった時はちょっと解決のヒントを投げかけます。

目的地&昼食場所の相談

さて今回は横浜観光。全体の人数も少なく、みんなで一緒の行動をとることにしました。今回の活動は相談して決めることがたくさん。

まずはどこの駅で降りて、どこでご飯を食べるか。食事はみんなの大事なポイントのようで、これがなかなかもめます。それぞれに意見を聞き、さらになんでそこが良いのかも聞いて、少しずつ1つの場所に思いがまとまっていきました。相談に時間をかけるので、みんなが納得し、決まってからは文句は出ません。

まず最初の目的地は、石川町駅で降りて中華街に決定。

中華なのでどこも似たような品揃えなのですが、どこのお店で食べたいか聞くとそれぞれに思いがあり、お店選びも真剣です。

相談の末、食べ盛りのメンバーたちは、メイン料理にチャーハン、スープ、からあげ、春巻、デザートが付く、盛りだくさんの中華料理屋さんへ行くことになりました。

円卓を囲み、メニュー選びも真剣。円卓に乗りきらないほどの食事を満腹になるまで食べる、幸せのひとときを過ごしました。

横浜散策の様子

お腹いっぱいになったところで、橫浜を散策。

中華街はたくさんの人で賑わい、漢字だらけの看板や肉まん、甘栗、マンゴーかき氷、中国茶、パンダの置物や中国食材など異国情緒あふれるお店が建ち並び、「うわぁおいしそう」「あれ何?」などと興味をひかれる物もたくさん。

キョロキョロよそ見していて仲間からはぐれそうになることも。見たい物があれば仲間に声をかけるなどして、一人で行動しないように伝えました。どこに行っても仲間を意識することは大事です。

中華街を抜けると、海が見える山下公園。

青空が広がり、海風が心地よく、自然と笑顔がこぼれます。みんなのびのびいい表情。

氷川丸という船からはゆったりとハワイアンの曲が流れ、海を眺めるとかもめや飛び跳ねる魚、世界一周する大きな豪華客船が港に浮かび、海にかかるベイブリッジも。メンバーから「楽しい」との言葉も出て、大きな自然に癒されるメンバーたちでした。

さらに進むと赤レンガ倉庫。「これが100年以上前に建ったのかぁ」と感慨にふけっているメンバーもいれば、他の観光客がジャンプして写真を撮っているのを見て「僕もやってみたい」と乗り気のメンバーも。

「いいね、おもしろそう」と集まった仲間でせーのでジャンプして、なんとかテイク3くらいでみんなの足が宙から浮いたかなという写真に!笑顔あふれる青春の1ページとなりました。

そしてみんなで決めた最終目的地、ランドマークタワー。

地上273メートル69階までエレベーターでGO!展望台からは橫浜が一望でき、今日歩いてきた街並みが小さく見えます。

でもみんなの関心は…「あ!京浜東北線!」「向こうに京急も見える!」「新横浜があそこだから新幹線が走ってるな」そう電車です。

上から小さな小さな線路や駅も探し出す集中力はなかなかのものです。しかもその会話に多くの仲間が入っている。スタッフの方がメンバーに、「え?どこどこ?」と聞くくらい。

そういう楽しみを分かち合える仲間っていいなと思える、ゆうPANらしい橫浜旅の締めくくりでした。

矢崎沙希(さきいか)

Last Update 2018.3.18 Copyright (C) 2000-2018 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談