2017.12.16-17 ヤッホー冒険合宿 冬

今回は、いつものクリスマスパーティだけでなく、日の出も見に行きました!!さて、どんな合宿になったのでしょうか。

移動&買い物

早速、車に乗って出発です。今回の運転手は、なんとJOY!元気に挨拶をし、乗車していきます。

車内では話をしたり、音楽を聞きながら賑やかに檜原を目指しました。途中で立ち寄ったスーパーでは、声をかけ合い協力しながら買い物をする姿があり、初めて行く場所でしたがスムーズに買い物が終わりました。

ランチ&お散歩

檜原に着いて、それぞれ持ってきたお弁当を食べて散歩に出発。

まずは、いつもお世話になっている村の方に挨拶から。玄関でご夫婦に挨拶すると、とても喜んで下さいました。

近くに川が流れているので行ってみることに。初めは川の流れを眺めたり、石を投げたりと個々に時間が過ぎていましたが、いつの間にかあっちやこっちから水が飛んできます。しかし季節は冬。びしょびしょになる前に次の遊びに移りました。

今度は一列に並び、葉っぱを流してゴールまで誰が一番早いか競争です。スタート時は、とりあえず手にした葉で競争していますが、何度も競争する内に浮かびやすい葉や早く進む葉などを厳選し 勝負に挑みます。

しかし、水の流れもあるのでスタートの位置や葉っぱの形状で結果が決まります。葉を探し水に浮かべるまでは真剣です!

最近は家でゲームをするメンバーが多くいますが、みんなのアイディア次第で、自然の物を使いこんなに盛り上がる楽しいゲームが出来るのだと感じました。

ディナー作り&部屋の装飾&ケーキ作り

今回は、全部で6品!分担しながら、下準備を進めていきます。

材料を洗う、切る、炒めるなど。どんな作業も慣れた手つきで、指示通りどんどんと作業していきます。とても頼もしいですね。

ある程度、下準備をしたら、クリスマスの装飾を始めます。サンタの帽子をかぶり気分が高まってくると部屋だけでなく、自分の体もキラキラに!

最後はケーキ作り!今回は、ミニミニケーキ作りに挑戦です。小さなスポンジの上には、果物や生クリーム、飾りのチョコレートなどで上手に作っていました。それぞれ個性のある可愛いケーキが出来上がっていました。

最後に料理を盛り付けし、テーブルの上も飾り付け、とても豪華なクリスマスディナーの準備が整いました。

クリスマス会(食事)

全員サンタの帽子をかぶり、クメリークリスマスの合図で乾杯です!

目の前にはたくさんの料理があるので、何から食べようか悩んでいる様子でしたが、食事を口に運ぶと「上手いっ」と目をキラキラさせながら食べ始めます。

みんなで協力して作った料理。いつもの何倍も美味しく感じたのでしょう。また、今回のようなビュッフェスタイルにすると、気がつくと好きな物を食べたいだけ食べるメンバーが多くいます。

しかし今回は「これ、食べていい?」「おかわりしていい?」と周りに聞きながらよそえていました。良いですね。クリスマス音楽を聞きながらの食事は、話しも多く、最後はなぜかいちごの争奪戦。賑やかな時間でした。

   

日の出を見に行こう!

起床は3時。みんな起きられるか心配していましたが、声をかけるとすぐに目を覚まし着替え始めました。

まだ外は真っ暗。いつもと違う時間や様子が特別な感じがあるようで、テンションの高いメンバー達。歩き始めると歌を歌い、話も弾みます。街灯が少ないと星がとても綺麗に見え、足を止めて星空観賞も楽しんでいました。

どんどん歩いていくと、そして街灯が無くなると、自然と懐中電灯を片手にスタッフにぴたっとくっついてひとかたまりで歩いていました。

最後の休憩場所は、真っ暗な広場だったので懐中電灯で遊びながら休憩。すると、少しずつ空の色が変わり始め、日の出の時間が近づいてきている様子が伺え、最後の坂道に挑みます。

日の出スポットに到着すると街が少しずつ色づき始める様子はとても幻想的です。

そして、待ちに待った時間がやってきました。山間からまぶしい光がこちらを照らします。それまで話をしていたメンバーもその様子に圧倒され静かに様子を見ていました。

そして、太陽にお祈りしたり、大きく深呼吸して太陽の光を体中で吸収していたり。自然とそんな様子も見られました。

あっという間に太陽があがると、周りの景色も周りのメンバーの顔もはっきり分かります。こんな場所にいたんだね―と話しながら帰り、朝ごはんを軽く食べてもう一度布団へ戻りました。

♪スタッフコラム♪

大人でもなかなか見る機会がない日の出。参加者の年齢も上がってきたので企画しましたが、いつもとは違う活動時間や歩く距離、天候にも左右されるので、今回私達スタッフも挑戦の活動でした。

まだ街が動き出していない空気の中、歌ったり、星空観察したりしながら、そして街灯が無くなって来ると寄り添いながら、おやつを食べたり、温かい飲み物を飲みながらヘリポートへ向かいました。

皆が一緒にいると楽しい事、一緒にいると心強い事、一緒にいると頑張れる事。

これから生きていく上で様々なサポートが必要なメンバーだからこそ、みんなと一緒にいる事の大事さを改めて感じてもらえていたらいいなと思います。

また星がきれいな事、朝日はまぶしい事、太陽があがると周りが見える事、温かい事。全て太陽の力。そんな日頃は当たり前に過ぎてしまう自然に感謝しながら、太陽の偉大さを身体 全体使って感じていたように思いました。

この企画で、また一回り成長して帰宅出来たのではないかと感じるほど、日の出を見た時、素敵な表情をしていました。

美濃幸子(ちゃっぴー)

Last Update 2018.1.25 Copyright (C) 2000-2018 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談