2017.3.25-27 ヤッホー冒険合宿 春

お昼ご飯&休憩

春らしい陽気の中出発しましたが、パーキングに着くと少し肌寒く、雪の世界に段々と近づいているのが感じられました。

それでも体を少し縮めながらも子ども達の目は輝いていました。景色を見ながら昼食をすませると、恒例の鬼ごっこが始まります。

体が大きくなった子ども達は、走るのも早くスタッフも逃げるのがやっと。またそれだけでなく、腰の高さまである植え込みもひょいっと飛び越えます。

ただの鬼ごっこですが、みんなの成長と共に明らかに今年はレベルの高い遊びになっていました。

村の散策&ビックゼリー作り

今年は雪が多く、チロリン村も真っ白です。

足の裏で、雪の感触を楽しみながら足跡を残したり、雪の上にダイブして様々な体の大きさの跡をつけたり。雪玉をどこまで飛ばせるか競争したり、氷柱を見つけたり。

群馬の自然を遊びを通して体中で感じながら1時間程歩いて行くと、ほたかの名水「花咲の出水」と言う湧水がありました。

到着した時には、じんわり汗をかいていたので、順番に喉の音が聞こえる程、美味しそうに飲みました。

ロッジに戻り、今度はビックゼリー作り。2班に分かれ役割分担を相談し、早速作り始めます。どんなゼリーが出来るのかワクワクしながら作っていました。

夜のお楽しみ会(忍びと侍)

夜になると、何やら闘志を燃やしている子がちらほら。話を聞いてみると、夏合宿でスタッフ対子ども達の勝負を思い出し、リベンジをしたいとやる気満々です!

まずは、子どもが2班に分かれての勝負です。毎回恒例となると、今までの経験から作戦会議にも熱が入ります。

そして始まると作戦通り協力して頑張ったり、途中良い案が浮かび、試したものがヒットしたり、みんなで真似てみたり。

相手の事を想像しながら発言することが苦手なメンバーも多くいますが、何とか笑わせたくて、友達やスタッフの知っている事を話し合い、考えている姿がありました。

最後は、スタッフ対子ども達のリベンジ勝負!あの手この手と協力していましたが、今回も大人の勝ち。次回はどんな作戦でくるか楽しみです。

    

雪遊び&そり遊び

待ちに待った2日目!!朝からそわそわしています。

スキー場へ到着すると、大粒の雪が降っていました。しかし、子ども達は全く気にしないどころか、雪を見てテンションがどんどん上がっていきます。

積もりたての雪は、投げても転んでも痛くありません。思いっきり体を使って遊んだみんなは、雪まみれでした。

遊んだ後は、レストランまで雪山登り。誰一人弱音を吐くことなく、登り切りました!

昼食を済ませた後は、ソリ遊び。注意点とソリの扱い方を確認し、出発です。

今年はふかふか雪だったので、スピードが出ず、みんな安全運転。いつもと違う様子になかなか笑顔も見られませんでしたが、何本も滑っている内にコースが整備され、いつものスピードに。

真剣に滑っていたと思うと、急にピースをしながら余裕の笑顔で抜かして行く子ども達。中には、雪玉を作り滑りながら 投げてみたり。今年も楽しそうな声、笑顔がたくさん見られました。

温泉&お食事

今年は、いつもお世話になっている『山太屋さん』で温泉と夜のお食事を頂くことにしました。子ども達の挨拶を聞き、迎えて下さった方も嬉しそうな笑顔でした。

まずは 温泉。冷えた体を温めながら一息。しかし、ゆっくりしているとどこからともなく、温かい雨が降ってきます。雪合戦の次はお湯かけ合戦です!最近の合宿の楽しみになりつつあります。

温泉から上がると、ほかほかの体に、笑顔たっぷりのみんな。会話も弾みます。美味しそうなお料理が運ばれてくると、目が輝き会話も増えます。

今回の合宿では、いろんなメンバーと交流が持てるようにと、席はくじ引きです。ドキドキしながらくじを引き、せーので開き着席。

「あれ?またとなり?」と。この合宿中、奇跡ながらに何度も同じ席順になった人も。偶然が重なると必然的な感覚にもなり、それはそれで、仲も一層深まるきっかけになったのではないでしょうか。

そして食事を済ませると「とても美味しかったです」とお礼の一言。自然と出た言葉に、宿の方も喜んで下さいました。挨拶やお礼があるか無いかで相手の気持ちは変わります。言葉の大事さを改めて感じました。

♪スタッフコラム♪

「ちょっと疲れたから休憩したいな。」「遊んで喉かわいちゃった。」「ちょっと足が痛いよ。」など、勝手に行動をするのではなく、スタッフに一度話してから行動に移すメンバーが多くいました。

日帰り活動での練習の成果もあるのでしょうか。自己判断出来ることも時には大事ですが、これから生きていく中で困った時、悩んだ時に相談出来ること、ヘルプが出せることは、とても大事なことです。

今回のような小さなことから少しずつ、いろいろな話が出来るようになると良いなと感じました。

美濃幸子(ちゃっぴー)

Last Update 2017.10.31 Copyright (C) 2000-2017 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談