にこPAN 2017.4.9 浅草名所七福神巡り

2017年度最初の活動は浅草名所七福神巡り。

「七福神を参拝すると、七つの災難が除かれ、七つの幸福が授かる」と言われています。

一日で全部の神社を周るのは大変です。 どの神社から回るのか、どこで昼食・休憩をしたいかなど様々なところで相談しながら、楽しく活動を行いました。

①浅草寺→②浅草神社

浅草寺:

まずは七福神巡りの用紙を購入。

その後常香炉にお香を供え煙を全身に浴びて心身を清め、境内へ。【合掌し一礼・最後に軽く一礼】をし七福神巡りの成功を祈願しました。

浅草神社:

浅草寺の真横にあったので、迷うことなく向かうことが出来、御朱印を書いてもらっている間に参拝をしました。

【二礼、二拍手、感謝のお礼、一礼】と浅草寺とは参拝の方法が違う為、少し戸惑っていましたが、神社とお寺の参拝方法を覚えることができました。

③待乳山聖天→④今戸神社→⑤橋場不動尊→⑥石浜神社

待乳山聖天:

途中、きれいに咲く桜並木の横を通り向かいました。ここでも御朱印をもらう前に水屋で手を清め、口をすすぎ、本堂へ向かい、左足から入りました。

今戸神社:

「招き猫」の発祥の地といわれており、招き猫があらちこちらにありました。子ども達からは「ここにずっといたら、いいことありそうだね」ととても前向きな言葉が。

橋場不動尊:

とても分かりづらい場所にあり、民家のわき道を通らないと見つけられず、何度か橋場不動尊を通過してしまうこともありました。

石浜神社:

入り口に大きな鳥居があり、鳥居の真ん中は「神様が通る道だから、歩いてはいけないよ」と伝えるとしっかりとルールを守り端を歩き本堂へ向かいました。

浅草神社で覚えた神社の参拝方法で参拝し、御朱印をもらいました。

お昼は子ども達と何を食べたいか相談しました。結果、おそば屋に決定。

昔ながらのおそば屋さんに入り、おいしいおそばやうどんを食べて午前中の疲れを取りました。

なんと午前中だけで、9個中、6個も回ることが出来、順調に早いペースで御朱印が溜まっていきます。

⑦吉原神社→⑧鷲神社→⑨矢先神社

吉原神社:

かなり距離があり、「ここであってるのかな?」と不安になる場面も。

しかし、近所の方に「吉原神社まではこの道であっていますか?」と聞き、「この道をあと10分ぐらい歩くと着くよ」と教えてもらうと安心して進むことが出来ました。

鷲神社:

酉の市の準備をしていて、本堂横に飾っている大きな熊手の製作中で、神社の方からは「これが見れたのはラッキーだね」と言われ、じっくりと見ながら、しばしの休憩を取りました。

矢先神社:

途中、調理器具で有名な合羽橋を通りました。

いろいろな食器や道具など、学校にある調理器具を見ると「こんなのも売ってるんだ!」と驚いていました。

合羽橋を通過すると矢先神社に到着です。

最後の御朱印を頂き、「よく頑張ったね」と声を掛けられると、「疲れたけど、楽しかったです」と答え、大喜び。「これでいいことありそうだね!」と嬉しそうに話し合っていました。

最後に浅草寺に戻り、それぞれおやつを購入し、活動が終了しました。

♪スタッフコラム♪

にこPANとしては珍しく雨の活動となりました。これまでの活動では「傘を差す」ことがほとんどなかったので、とても良い機会となりました。

今回分かったのは、傘を差した時の「人との距離感・雨が降っている方向への傘の差し方」が少し難しいということ。

傘を差した時にどのくらいの距離を空けて歩けば、ぶつからないかが分からず、最初は前を歩くスタッフに何度もぶつかってしまいました。

また前から降る雨に対して、後ろ向きに傘を差すことで、正面側の方が濡れてしまうこともあり、今までの活動では見られない様子を見ることが出来ました。

今後も雨の日には傘を使い、練習をしたいと思います。

鈴木 翔(しょっかー)

Last Update 2017.10.31 Copyright (C) 2000-2017 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談