にこPAN 2017.1.22 ランチタイム

ランチ企画第3弾!「粉ものパーティー」と言うことで「お好み焼き・たこ焼き」を作りました。

相談・買出し

まずは、買出しに行く前に何が必要なのか、話し合いました。

「たこ焼きのタコにこだわらず、違う食材を入れてみよう」と伝えると、「キムチ・めんたい子・あんこ・ポテトチップスのコンソメ味等」子ども達から案が出ました。

さっそくスーパーへ向かい、それぞれ分担した食材がどこにあるかスタッフと一緒に探し購入しました。

戻ってきた後は、手洗い・うがいを済ませ、調理に必要な道具を出し調理開始です。

調理開始→お好み焼きに挑戦

まずは野菜やタコなどを切ります。包丁を使っている時は集中して取り組む姿が見られ、前回のヤッホー冒険合宿の調理経験を活すことが出来ました。

次に切り終わった野菜とお好み焼きの素を混ぜます。「ボク・私がやりたい!」とのことだったので、順番に混ぜてもらいました。

最初はお好み焼き。鉄板を温め油を引いたら、お好み焼きの素をお玉に取り、焼いていきます。片面を焼いている時は、「もう焼けたかな?まだかな?」とドキドキです。

片面が焼けているのを確認し、ヘラを使って返します。スタッフがまずは見本を見せ、次はみんなの番です。

一人がスタッフの手を借りることなく、「せーの!」と初めてとは思えないくらい上手に返すことが出来ると、その様子を見ていた子ども達から「おぉ~上手だね!!」と褒める場面も。上手に返すことが出来、とても嬉しかったのか「よしっ!」と思わずガッツポーズが出ました。

出来上がったお好み焼きにソース・マヨネーズ・鰹節をかけ、食べると「おいしい~」と声があちこちから出て満足度100%。

たこ焼き→ホットボール→目標

次はたこ焼きです。専用の油引きで、一つひとつ油を引いていきます。たこ焼きの素を鉄板に流し、その上にキャベツや揚げ玉などを入れ、焼いていきます。

少し焦げ目が付き始めたところで、竹串を使って返していきますが、思うように返すことが出来ません。「難しいな~」と苦戦していましたが、回数を重ねていくことで、徐々にコツをつかみ始めました。

上手に竹串を操り、クルっと上手に回すことが出来ると「なんかたこ焼きやさんになった気分!」と嬉しそうでした。出来上がったたこ焼きにソース・マヨネーズをかけて完成。

さっそく出来たて、一つを丸ごと口の中に。すると熱すぎて「ホッホッホッ。」熱いのを口の中でコロコロ転がしながら、食べると「おいしいー!」と大喜びの顔に。

またそれぞれ考えた具材を入れて「オリジナル焼き」を作り、「チーズも合うね!」とおいしそうに食べ比べして楽しみました。

最後はおやつとしてたこ焼き用の鉄板を使用し、ホットケーキを作りました。みんなで考えた結果、「ホットボール」と名づけることに。

ホットボールには「あんこ・チーズ・ベビースター」を入れ、今川焼き風にして食べました。とてもおいしく出来上がり、大満足で終わることが出来ました。

最後に今年の目標を考えて発表してもらいました。子ども達は悩みながらも、それぞれ真剣に書いていきます。

書き終わるとみんなの前で、「好き嫌いしないでご飯を食べる」「中学校で部活がんばる」などと、それぞれ立派な目標を発表してくれました。一年後今年の目標が見事達成出来たか、楽しみですね。

♪スタッフコラム♪

今回調理で使った調理道具や部屋の片付けをする際、子ども達は嫌な顔せず、積極的に取り組んでいました。

こちらがお願いした作業が終わっても、それで終わりにするのではなく、子ども達から「他に手伝うことありますか?洗うものありますか?」と様々な場面で自発的な行動が多く見られました。

まだ洗い物をしている友達に対しては、「手伝ってあげようか?」と声を掛ける優しい一面も見られました。

今回のように指示されて行動するだけでなく、どんな場面でも自然と気付ける気持ちと友達を思いやる気持ちを持ってもらえると嬉しいです。

鈴木 翔(しょっかー)

Last Update 2018.3.18 Copyright (C) 2000-2018 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談