にこPAN 2016.11.13 みかん狩り

東村山市にある「小林農園」でみかん狩りをしてきました。

出発!→昼食

たくさんみかんを食べれるように、集合場所から2駅歩くことに。歩き始めると太陽が少しずつ顔を出し、だんだんと気温も上がってきました。

途中寄った公園には大きなトリケラトプスが。そのトリケラトプスに跨り、しばし休憩です。

その間、しょっかーにじゃんけんで勝った人からおやつを選ぶゲームをし、おやつを選び食べ終わると、再び出発です。

街中の木々もだいぶ色付き、真っ赤な木の実をつけた木を見つけました。

木の実を手に取り、「甘いにおいがするよ!」と伝えると、「ほんとだっ!!甘いね!」と思いがけない木の実のにおいに、たくさんの笑顔が見られました。

調べてみたところ、赤い木の実の正体は、「ウメモドキ」という木の実でした。さすがに食べることは出来ませんでしたが、秋ならではの良い発見をすることが出来ました。

楽しく歩いていると、あっという間に東小金井駅に到着!ここからは電車に乗り、東大和駅へ向かいます。

車内では「あぁ~お腹空いた~」と話す子ども達。東大和南公園の広場でシートを広げて昼食をとりました。

お腹が満たされた後は、シートの上でゴロゴロのんびりしたり、集団ゲームの「グリコ」をして楽しみ、公園を後にしました。

みかん狩りスタート

小林農園さんに向かって歩いていると「あれ、みかん?」と遠くからでもオレンジ色に色付いたおいしそうなみかんが見えました。

到着するとみかん狩りのシーズンということもあり、お客さんがたくさん来ていました。「もうおいしいみかん取られてるんじゃない?」と少し不安そうな子ども達。

受付を済ませ、さっそくみかん畑へ向かうとたくさんのみかんがなっているのを見て、ホッと一安心。さっそくみかん狩り開始です。

子ども達に「みかんがなっている根元を摘まんで、クルクル回すと上手に採れるんだよ!」と見本を見せ、次に甘いみかんの見極め方を伝えました。

小林農園さんで育てているみかんは、「硬いみかんより、全体的に少し軟らかくなっているみかんが甘い」とのこと。みんなで探してみると「このみかん柔らかいよ!」と教えてくれたので、さっそくみんなで味見をしてみると「おいしい~!!」と大喜びです。

中にはすっぱいみかんに当たってしまうこともありましたが、だいたいの採り方・選び方を教わった子ども達は「このみかん甘いかな~」「あの一番上にあるみかんが欲しい!」とそれぞれ一生懸命みかんを探していました。

また、採ったみかんを「このみかん甘よ!」「本当だ!おいしいね!」と食べ比べして楽しんでいました。

帰る頃にはみんなの指は 少しオレンジ色に染まり、みかんの皮をたくさん剥いたあとが残っていました。最後にお持ち帰り分のみかんを一つひとつ真剣に選び、納得のいくみかんを持って帰ることが出来ました。

♪スタッフコラム♪

今回の活動は11月ということもあり、少し寒いのではと心配でしたが、気温も上がり、とても過ごしやすい活動となりました。

みかん狩りでは、自分の分だけを採って食べるのではなく、子ども同士、味比べしてみたり、高いところにあるみかんを取ってあげたり、友達のために一生懸命みかんを探し選んであげる場面も多く見られました。

一人で満足するのではなく、「友達のために選び、一緒になって探す」そんな優しい一面も見られました。場所を問わず、いろいろなところで共感・共有し合い、楽しい時間を友達と過ごせると良いですね。

鈴木 翔(しょっかー)

Last Update 2017.10.31 Copyright (C) 2000-2017 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談