PANクラブ

知的・発達障がい・社会適応しにくいお子さんの指導

社会適応できる能力を伸ばして、生きる力を身につけます

人との関係を広げ、楽しみ、社会適応できる力を伸ばします
発達の遅れを明確に把握し、個々に合わせた指導を行います
いつもの仲間と笑顔で集える あたたかな居場所を作ります
1.にこにこPANクラブ

小学生対象の日帰り野外療育活動

2.ゆうゆうPANクラブ

中高生対象の日帰り野外療育活動

3.はなはなPANクラブ

社会人対象の日帰り療育活動

4.ヤッホー冒険合宿

宿泊体験合宿

目指す指導方針

実践的開拓的なきめ細かでユニークな指導

<社会自立、社会適応を目標に>

平成17年度より発達障がい児支援制度が発足し、自閉症児を初め、注意欠陥多動性 症候群、学習障がい児ほか高機能障がい児など、指導しにくい障がい児の社会適応、認知 機能の指導に重点を置いた支援が制度の下に実施されるようになりました。

私たちは、20余年の自閉症児、知的障がい児指導の経験と実績を生かし、民間社会福祉事業として実践的開拓的なユニークな指導を知的・発達障がい児に視点をおいて、実践指導していきます。社会自立、社会適応を目標にきめ細かな小回りのきく指導を行います。

マンツーマン指導とグループ集団指導

<人との関係の深さと集団の楽しさ>

これらの特徴をもつ障がい児の対人関係を広め、社会性を伸ばすために、マンツーマン指導とグループ集団指導を平行して実施します。マンツーマンでじっくりと関わることで人との関係の深さを、また集団活動を行うことで集団の楽しさを受け止められるように、人と関わることに重点を置いて治療教育を行います。

さらに集団活動を通し対人関係を広げることで集団に楽しく参加でき、メンバーの一員としての存在意識と役割を持つことができるようになります。

花岡児童学園の仲間みんなで、のびのびあたたかな空間を作り上げます。

生活能力発達5機能の把握

<個々に合わせた課題指導>

一人一人の生活能力発達5機能(運動機能、認知機能、社会性、言語機能、身辺自立)を確実にチェックし、遊ぶことだけでなく、それぞれの機能を高めるための課題指導も行います。

また生活の質(QOL)の向上を目指し、個々に合わせた指導計画・目標を立て、社会参加と共に生活能力発達機能を高める治療教育の実践指導に取り組みます。

 

Last Update 2017.10.31 Copyright (C) 2000-2017 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談