はなPAN 2017.6.10-11語り明かそう!はなPAN大人旅!  

今年は、“友達と旅行に行く練習”として、興味のある物があったら「ここに行きたいからちょっと待って」の一言を、メンバーへも発信し、“仲間と一緒に歩く”感覚を身に付けること、

そして「語り明かそう」ということで、彼らが日頃感じている様々な思いを話すこと、以上の2点にスポットを当てて進めていきました。

昼食

まずは小田急線に乗って片瀬江ノ島駅へ。長い弁天橋を渡って江の島へ到着です。

まずは昼食。皆は日頃よく食べている“ラーメン”や“親子丼”をチョイスしましたが、「せっかく江の島に来たんだから!」とスタッフがオススメすると「じゃあ・・・」と一人が“しらす丼”を頼んだのをきっかけに全員がしらす丼を注文。

生のしらすを美味しそうに食べました。好きなものを食べるのも良いのですが、せっかくの旅行ですし食の幅をちょっぴり広げてもらいました。

江ノ島観光

お腹いっぱいになったところで江の島観光!

稚児ヶ淵からは太陽に照らされてキラキラ輝く海が広がっていました。時折岩礁に打ち付けられる波しぶきに、少しドキドキしながらも波打ち際に近づいて写真を撮るメンバー。

岩盤に溜まった海水を触って、「気持ちいいなー」なんて呟きながら水平線を眺める、穏やかな時間が流れていました。

  

そして稚児ヶ淵から少し歩いたところにはロウソクを持って進む“江の島岩屋”や、江ノ島神社があり、興味のあるメンバーは、神様や神社の話をしながら参拝しました。

そして最後は仲見世通りで食べ歩き!しかし、どう動いていいかわからない様子。

そこで手本としてスタッフが「お饅頭買っちゃお~」と言ったのをきっかけに皆のテンションもアップ!ワクワクした表情でかき氷やラムネを買ってちょっと休憩。

旅行ならではの食べ歩き。こんな楽しみ方もあるんだなーと経験することができました。

お宿→お風呂→ご飯

帰り際にお土産を買ってから今回のお宿「紀伊国屋旅館」へ。

温かいおもてなしを受けてから、まずは皆が待ち望んでいたお風呂に入り、「あ~」と声を出しながら、一日の疲れを取りました。

その後はお楽しみの晩御飯。海に近い旅館ならではの豪華な海鮮の数々!浴衣の裾にご飯が付かないように気にしながらも、皆夢中で食べていました。

夜の海

明るかった江の島の空も、晩御飯を食べ終わる頃には真っ暗に・・・

“大人旅”ということで,サッと着替えて夜の海へ。

紫にライトアップされた江の島の展望塔を遠くに望みながら、真っ暗な浜辺を歩き、人気の無い所に腰を下ろしてふぅっと一息。

「なんにもしゃべらないで、ぼーっと波の音に耳を傾けてごらん。」波の音だけが辺りに響き、心地よい海風が身体を通り過ぎます。

しばしの静寂の後「どうだった?」と感想を聞いてみると、「落ち着いた感じが良かった。」「心が落ち着きました。」といった声が聞こえました。

楽しい事やそうでない事、日常には様々な刺激がある中、そうした刺激から離れて只々ぼーっと海を眺めて物思いにふける。

数分ではありましたが、その時間、彼らは何を感じたのでしょうか・・・?

その後は、広い海に向かって、皆で思いの丈をぶつけました。“海に向かって思い切り叫ぶ”素敵な青春の一場面です♪

振り返り→プラン相談

宿に戻ってからは、一日の終わりに、今日の振り返りと明日の観光プランを話し合いました。

盛りだくさんの一日でしたが、四人が共通して印象に残っていたものは“海”でした。

地平線まで見える昼の海、黄昏時のオレンジ色の海、そして静かな夜の海・・・。人によって感じ方が異なるのが自然の面白い所です。

そして翌日の鎌倉観光について“鶴岡八幡宮”と“銭洗弁天”どちらに行くかを相談です。初めは二対二で別れた意見も、それぞれの場所で出来ることや見られるものを説明し、悩み相談した結果、鶴岡八幡宮でまとまりました。

決まった頃には皆お疲れの表情。翌日の観光への期待に胸を膨らませながら布団に入りました。

長谷~鎌倉ツアー

2日目は長谷~鎌倉ツアー!江ノ電乗り放題の切符を手に、まずは“長谷寺”を目指し出発しました。

長谷寺には10時前にもかかわらずたくさんの観光客が。

既にアジサイ路は50分待ちの大盛況で、そこを通ることは叶いませんでしたが、境内には他にもアジサイが咲いており、楽しみにしていたメンバーは、綺麗なアジサイを写真に収めたいようで、次々に「これ撮りたいです」とスタッフに確認してきました。

友達への確認は、スタッフが促す場面がほとんどでしたが、その一言が発せられると、他のメンバーから「僕も撮ります」と友達と一緒に楽しむ姿がありました。

その後も、撫でるとご利益のある仏像を「頭が良くなりますように」「心が落ち着きますように」と、頭や胸を撫でて拝んだり、金で覆われた大きな菩薩像の圧倒的な迫力に、思わず「おー」と声を漏らしたり・・・。

そしてそのまま“長谷の大仏”として有名な高徳院の、大きな大仏様の前で記念写真をパチリッ。鎌倉旅行の王道ですね♪

鶴岡八幡宮

いよいよ最後のスポット!鶴岡八幡宮”へ出発です。

観光客がピークのシーズン、すし詰めの江ノ電に揉まれながら到着した鎌倉駅には、たくさんの人!迷子にならないように気を付けながら参道を進み、いざ本殿へ。

自分の財布の中身と相談しながら、お賽銭を投げたりおみくじを引いたりして、しっかりと神様にお参りしました。

鳥居から出る時「参拝をすると、体から悪いものが抜けて生まれ変われるんだよ」とのスタッフの言葉を聞いた皆の表情は、心なしか晴れやかなものでした。

残りの出発までの時間、鎌倉の小町通りで再び食べ歩き!

以前鎌倉に来たことがあるメンバーが、「皆にオススメしたいお店がある」とのことで、皆でアイスクリームを食べました。

人ごみの中を歩いて少し疲れた体には、ひんやりアイスがいつにも増して美味しく感じます♪

最後にコンビニで好きなおやつを一つ買ってロマンスカーに乗車です。好きなお菓子やジュースを持ち込んでの電車も旅行ならでは!

トランプを楽しむメンバーの顔には最後まで、疲れた顔ではなく“笑顔”が浮かんでいました!

♪スタッフコラム♪

今回の旅行では、去年の旅行の時にした約束をずっと覚えており、この一年間での確かな成長を感じられたり、寝る前に一時間以上も本音で話す中、「どうして夜ってこんなに話したくなるんだろう」と、こちらの狙い通りの言葉が聞けたりと、嬉しくなることがたくさんありました。

より突っ込んだ話をするのには、明るい時よりも暗い時の方が、不思議と言葉が出てくるもので、そんな夜の時間は旅行活動ならではの楽しみです。

夜の海での時間といい、のんびりと自分の心と向き合う時間を大切にできた良い二日間でした!!  

齋藤 遼平(JOY)

Last Update 2018.3.18 Copyright (C) 2000-2018 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談