はなPAN 2017.3.12 ミステリーデイ 

2016年度の活動もいよいよ最後。今回はいつもとは違い、どこに行くか分からない“ミステリーツアー”を開催しました。

JOY籐さん登場!

集合するやいなや、「今日はどこに行くんですか?」と皆行き先が気になる様子。そしてふと周りを見渡すと、JOYの姿だけがありません。

「あれ?JOYはどこにいるの?」「来るはずなんだけどね~」と話をしていると、「花岡観光・ミステリーツアー」の文字が入った旗を掲げて、スーツを着ておかしなメガネをかけて歩いてくる人影が・・・。

「本日は花岡観光のミステリーツアーにご参加頂き、まことにありがとうございます!私、ガイドの“JOY藤(ジョイとう)”です!」皆が笑う中、ガイドさんに扮したその姿に「張り切りすぎでしょ!」と思わずツッコミも入ります。

役者もそろったところで、旗を振るガイドさんに続いてレッツゴー!三鷹駅を出発しました。

秘密の目的地到着!

電車を乗り継ぎ、大宮駅に着くと、目的地にピンとくるメンバーが・・・!そうです!“鉄道博物館”が今回のツアーの目的地でした!

入口にある大きな鉄道の前で集合写真を撮ってから早速館内へ。まずは二手に分かれて館内をぐるっと一周します。

するとメンバーの一人がガイドになって、館内にあったクイズを出す場面も。そして一人が四択クイズを見事正解!自分だけが正解したことがわかると、とても嬉しそうにしていました。

お昼には駅弁屋で買ったお弁当を持って、電車の見えるビューデッキへ。新幹線が通ると、皆のテンションも一気に上がりました。

午後も鉄道博物館!

午後には3人グループになって館内を自由見学。パンフレットを見て、相談しながら見て回ります。

東京駅のプロジェクションマッピングに、運転シミュレーター、好きな車両が見渡せる屋上のパノラマビューイングと、皆それぞれの楽しみ方を見つけ、時間いっぱい思う存分楽しみました。

中には興味のある物を見つけると、一緒に歩いていた友達を置いてそっちに熱中してしまい、分かれてしまうグループもありました。

大好きな“電車”ということで気持ちはわかりますが、一緒に楽しいものを見ている時こそ、友達と共感できたり、「こっち見てみたいんだけど」の一言が出たりすると良かったですね。

「まだまだ見足りない」と名残惜しそうにしているメンバーもいましたが、貰った記念のカードにスタンプを押して、「また友達と行ってみよう」と話をしながら博物館を後にしました。ミステリーツアーもこれにてオシマイ。

今回「ミステリー」という言葉に、皆それぞれ色々なイメージを持っていることがわかりました。「ミステリーは怖いもの」と言って構えていたメンバーも、帰るころには「怖くありませんでした」と活動を楽しむことが出来たようでほっとしました。

成人のお祝い&卒業生を送る会

活動の最後には、ちょっと遅れた成人のお祝いをし、その彼のイメージにぴったりのハンカチを、来年成人を迎えるメンバーから渡してもらいました。

そして今回は、彼が活動に参加する最後の日でもあり、卒業にあたり、自分の今の気持ちを話してもらいました。

きっと彼はこの日に向けて考えてきたのでしょう。皆への感謝や応援の言葉をしっかりと話す姿はとても立派でした。

卒業しても、またいつでも花岡の門を叩いてくれれば良いなと思います。

齋藤 遼平(JOY) 

Last Update 2018.3.18 Copyright (C) 2000-2018 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談