はなPAN 2017.2.12 三鷹の森ジブリ美術館 

はなPAN特別企画第3弾は、友達提案企画!三鷹の森ジブリ美術館へ行ってきました。

はじめに

今回の企画のきっかけとなったのは、あるメンバーの「ここに“はなPANメンバー”で行きたいんだけど・・・」という一言でした。

“ふとした時にポロッと話せるそんな安心できる居場所になれば”と願いを込めてスタートしたはなPAN。最近メンバー発信の話しが増えてきていることから、彼らにとってクラブが「安心して話せる居場所」になりつつあることを実感しています。

さて、友達からの提案!見て、触って、感じて・・・。みんなはどう感じたのでしょう。見学後のメンバーの声を紹介します。

メンバーの声

☆何もないところから作品を作り上げる!プログラマーはプロだな。

☆セリフがないかと思っていたら最後にセリフがあった。なぜあそこだけあったのかな?(映画についての感想)

☆宝探しが楽しかった。

☆トトロに出てくる主人公がクルクル回っていてメリーゴーランドみたいだった。(ストロボについての感想)

☆窓のステンドグラスがきれいだった。ネコバスがふわふわだった。

意見交換会

今回も出てきた意見をスタッフがどんどん書き出し、一つの感想について「どうして、そう思った?」「みんなはどう?」と掘り下げて考えてみました。

その結果、上記以外にもたくさんの意見が飛び交い良い意見交換会となりました。この時間も、この企画を提案してくれたメンバーからのリクエストでした。

リクエストしたメンバーはもちろんのこと、参加したメンバー全員が満足したひと時を過ごすことができたのではないかと思います。

最後に「来年度、みんなで行きたいところある?」という投げかけに次々とリクエストが・・・。

「船の科学館に行きたい」という意見に対して、「船の科学館はお台場だから、海浜公園にも行きたい!」というように次から次へと夢が広がり一日の活動内容が決まっていきそうな勢いでした。

今回の友達企画は、活動をきっかけに「みんなで行ったら楽しいだろうな~」「このメンバーで行きたいな」といった声が少しずつ増えていけば良いなという思いも込めて企画したものでもありました。

この語り合いの場で、思っている以上に「僕はここに!」「あそこに行きたい!」といった意見が出てきたこと。スタッフ一同驚くとともに、特別活動を通して伝えたいことがメンバーに伝わったのでは!と思った瞬間でもあり、とても嬉しく思いました。

また、いつの日かメンバー同士だけで相談・企画・決行!そんな日が来るかも?なんて想像するだけで私も彼らと同じように夢が広がる1日となりました。

徳永 尚子(かびごん) 

Last Update 2018.3.18 Copyright (C) 2000-2018 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談