はなPAN 2016.11.6 遊園地  

11月は遊園地企画!昨年の「観覧車に乗りたい!」という声に応えて、人で賑わう都心の遊園地、東京ドームシティアトラクションズに行きました。

事前にパンフレットを見て、乗りたいアトラクションを考えてきてもらいました。新しいメンバーも増え、より一層の盛り上がりを感じながらのスタートとなりました。

アトラクション決め・グループ分け

観覧車やメリーゴーランド、ジェットコースター等、乗るものを決めてきたメンバーもいましたが、「行ってみないとわからないよ」との声もあったので、着いてからすぐに乗るグループと、園内を一周してから決めるグループに分かれました。

目の前に広がるアトラクションを見たり、ジェットコースターから聞こえる歓声を聞いたりしているうちに、はじめは「園内を一周したい」と話していたメンバーたちからも「あれ乗ってみたい!」と次々に声が上がります。

そこで、乗りたい物が同じ者同士でグループを組み、自由行動を始めました。

水の上に落ちる乗り物で「濡れた~!」と大興奮したり、ジェットコースターの迫力に「これは乗れないな~」と仲間が乗っているのを下から見たり、それぞれ自分にあった乗り物を堪能しました。

中には、一度乗って「これは厳しいかもしれません」とこぼすメンバーがいる反面、「怖かったけど楽しかったです!」と二度目のチャレンジをしたメンバーの行動に驚かされました。

昼食

昼食はドームシティ内にあるレストランの中から、ペアごとに相談して食事をとりました。

レストランはどこも並んでいて、30分近く続く行列に少し苛立ちを見せるメンバーも。ですが行列に並ぶのも一つの経験!

「アトラクションに並んでいると思えばさ!」と言うスタッフの言葉に「ラーメンはアトラクションだったんかい!」とメンバーの顔にも笑顔が戻りました。

午後の様子

午後も引き続き自由行動。

初めは「乗りません」と言っていた乗り物に、友達が乗りたいと言っているのを見て「やっぱり乗ってみます」と一緒に乗ったり、

「怖くないから一緒に乗ってみようよ」と誘ったり、先を急ぐメンバーと後ろから頑張ってついていくメンバーの間に入りどこに行くかを相談したりと仲間のことも意識して、遊園地での時間を楽しむことができたようです。

また、集合時間が近づく中、友達と時計を見て「急げばまだ乗れるんじゃない?」と時間の管理もしながら目一杯楽しんだグループもありました。

最後に集まったときには皆笑顔で、口々に「僕あのジェットコースター乗れたよ!」「観覧車に乗れて良かったです!」と嬉しそうに話し、遊園地を後にしました。

♪スタッフコラム♪

今回の活動では、乗り物や食事の待ち時間を仲間とどのように過ごすかにスポットを当てた余暇活動でした。

同じ趣味を持つ仲間同士で共通の話題で盛り上がったり、「これすごかったね!」とアトラクションの感想を呟いたりする姿は見られましたが、待ち時間となると、何を話したらよいかわからず「個」に戻ってしまうメンバーたち。

最近の活動では度々上がる課題ではありますが、この日の過ごし方を見ていると、たくさんの会話はなくても、一緒に乗り物を操縦したり、隣にいる仲間と同じ景色を見たりと、何気ない場面の雰囲気をメンバーなりに楽しんでいる様子が伝わってきました。

集団での楽しみ方は人それぞれです。引き続き会話の練習は継続すると共に、メンバー一人ひとりが「集団でいる時の楽しみ方」を見つけられるよう支援していきたいと考えています。

齋藤 遼平(JOY)

Last Update 2017.10.31 Copyright (C) 2000-2017 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談