6月20日の活動

タイルアート 6月20日

2017年6月20日 第21回まいふらわー

梅雨に入り、じめっとした毎日が続くようになりました。でも心は爽やかでいたいですね!!

まいふらわーの壁面はかわいい紫陽花でいっぱいに彩られていました。 今日は6組の親子が遊びに来てくれました。

とてもアットホームで、ふんわり優しい時間の流れたまいふらわーでした。

ふれあいあそび

今回のふれあい遊びは「ひっつきもっつき」という手遊び歌遊び。ママと子供で向き合って座り、楽しいリズムの歌が始まります。

「ひっつきもっつき、ひっつきもっつき、あらあらくっついた!それ○○○!ぺったんこ、はい」○○○の部分に色々な体の部位が入り、ママと子供がその部分をくっつけるというふれあい遊び。

はじめはどうやってやるのかな?と様子を見ていた親子も、「おてて、ぺったんこ」「おでこ、ぺたんこ」と繰り返し触れ合っていくうちに、歌もやり方も覚えて、盛り上がっていきました。

次はどこかな?とわくわくしながら待ち、「それ、ほっぺ、ぺったんこ」とリーダーのスタッフが歌うと、ママたちが「ほっぺだって!」と子供たちにほほを寄せ合う姿は微笑ましく、

「それ、おしり」と聞けば「おしりおしり~」とおしりとおしりをくっつけて笑顔がこぼれ、最後は「おなか」でぎゅ~と抱きしめ、愛たっぷりのひっつきもっつきとなりました。

簡単なリズムと歌なので、ぜひおうちでも遊んでみてくださいね。

ワークショップ

今日は「かわいい使える タイルアート!」ということで、モザイクタイルアートに挑戦しました。

最初に自己紹介をして、今日の講師みやけんから、説明をききます。

机の上には色々な形のカラフルなタイルがいっぱい!

まずはボードのまわりに白い四角いタイルを貼っていきます。

このボード、実は身近なお店ですぐに手に入るカッティングボードなのですが、そこにあらかじめ、蜜ろうのワックスを塗ってあり、なんとも素敵な味わいの色に仕上がっていました。

(これは講師みやけんのこだわりどころでした!笑)

きっとみなさんは白いタイルを貼りながら、どんな風にしようかな~。何色がいいかな~。とイマジネーションをフル回転させていたことでしょうね!

最初は何もないただ一枚の板が、これからどんな風に変わっていくのか、ワクワクドキドキです。

いよいよタイルを貼っていきます。想像力もやり方も、6人6様でとてもおもしろい!

大きめのタイルを貼ってから、その間を小さなタイルで埋めていく方。ボンドで模様を描いてポイントになる部分から攻める方。

半分ずつ仕上げていく方。直感に任せてタイルを置く方もいれば、細かく考えて作る方も。

あーっ、なんだかよくわからなくなってきちゃった!!途中でさまよっている方もちらほら。(笑)

でも大丈夫!できあがったら、絶対絶対、素敵な作品になりますよ!!

みなさん真剣そのもの!!おしゃべりが全くありません!!(笑)

タイルを貼り終わったら、目地材をはけで塗っていきます。 さあ、どんな風に出来上がっているのか、お楽しみ♪

ふーっ、終わったあー!!集中した後の心地良い疲れがやってきます。

いつでもどこでもお子さんの事に心を配っているお母さんにとって、余計なことは何も考えず無心になって目の前の事に没頭するってなかなかできないものです。

黙々と作業することは、結構ストレス解消になって、なんだか気持ちがすっきり!!

さて、今度はみやけんが黙々と作業の番!目地が乾いたら、布でふきとり整えて、仕上げをします。

お食事が終わったら、できてたー♪♪わあ、とってもとっても素敵!!どれもみんな味わい深くて素敵!!

想いの沢山つまった、こんなにおしゃれなボードができあがりました!みなさんどんな風に飾ってくれているかなー?

後日参加者の方が、とっても素敵な写真を送ってくださいました。

玄関に飾ってくださっているそうで、色がカラフルで、まるでお花を飾ったように、玄関がとても明るくなりました、と言ってくださいました。

ご参加くださったみなさんが、お家で自分のボードをみながらニヤニヤしてくれていたら、嬉しいなー!!

【 高吉多恵(たあぼう)】

保育室

今回は、生まれたてホヤホヤの生後1ヶ月の赤ちゃんが遊びにきてくれました。

スヤスヤ気持ちよさそうに眠ったり、周りをキョロキョロ見まわしたり、『クシャン』可愛いくしゃみをしたり、スタッフにゆらゆら抱っこをしてもらったり・・・。のんびり過ごしていました。

そんな中、ちょこちょこ興味を持って近づいてくるお兄さんお姉さん達。赤ちゃんの顔に自分の顔を近づけてみたり、ちょんちょんと手や頭に触れてみたり・・・。

とても可愛らしい関わり合いが繰り広げられていました。優しく寄り添う姿、優しく見つめる眼差し。

とても愛おしく、思わずスタッフを呼び止めて二人で共感したり、カメラを向けている自分がいたり。心が温まり、とても癒されるひと時でした。

一方、お兄さんお姉さん達は、いつも通り外遊びへ出発!

梅雨はどこへ行ってしまったのかなと思ってしまうほどの良い天気の中、しゃぼん玉をしたり元気に走り回ったり、ちょっと近くまでスタッフとお散歩へ行ったり・・・。元気いっぱいに遊びまわりました。

最近、月齢が近い子同士の関わり合いが多く、スタッフが間に入らなくても子ども達同士で遊んでいる姿をよく見ます。気がつけば、おもちゃの取り合いもありますが順番順番♪

なかなか「どうぞ~」が難しい成長過程の中で、我慢したり、時には「かして~」「どうぞ~」のやりとりができたり。短い時間の中で、「できた!」の瞬間は、とても嬉しいなと思います。

今回は、さらに可愛いエピソードがあります。

おもちゃのベビーカーにパンダのぬいぐるみをのせて勢いよく走りまわる子がいました。

スタッフが「パンちゃん寝そうだから、そ~っと歩くと寝るかもよ」と声をかけると、ゆっくりゆ~っくり足音も聞こえないほど静かにゆっくりベビーカーを押す姿が・・・。

その後ろ姿は、なんとも可愛いこと。その姿を見たくて、何度も声をかけてしまいました。

【徳永 尚子(かびごん)】

ランチ

本日のメニューは、「鮭の南蛮漬け・ミニトマトのマリネ・高野豆腐の肉巻き・ピーマンと油揚げの焼き浸し・きゅうりとみょうがの梅和え・ごはん・デザート(レモンジュレのパンナコッタ)」

初夏らしく涼しそうなお昼のお食事となりました。

まいふらわーでは、最初は親子一緒の食事の合間にそっとお子さんの見守りをしていたのですが、お母さんに少しでもゆっくりお食事を楽しんでほしいとの思いから、子どものお食事コーナーを作るようになりました。

そして今回初めて、お母さんより一足お先に、お子さんだけ食べてしまおう!!という試みに挑戦してみました♪

お母さんを待っている間にお腹がすいて、悲しくなってきちゃう涙は減ったかな?

お母さん達も子どものお腹を気にせず、じっくりワークショップを楽しめたかな?

お母さんはゆっくりお食事食べられたかな?

お母さんと同じタイミングの方が子ども達はいっぱい食べれるのかな?

子どものご飯セットを用意してくるのは、負担じゃないかな?

どうだったかなーと色々考えるところはあります。お母さんとお子さんの気持ちにあわせて、試行錯誤しながら、少しずつ進んでいきたいなーと思っています。