11月3日の活動

ダッチオーブンで鶏の丸焼き&パン作り 11月3日

2016年11月3日 第17回まいふらわー

心配していた雨も明け方には止んで、とても気持ちのよい秋の青空が広がりました。

お母さん11名、お父さん2名、お子さん13名、スタッフ13名の総勢39名。

あたたかい火と美味しそうな匂い、そしてたくさんの笑い声があふれた、まいふらわーとなりました。

アウトドアクッキング

野川公園の深い緑の木々の木漏れ日の中、さあ、アウトドアクッキングのスタートです!

メニューはダッチオーブンを使った鶏の丸焼きとパン、そしてミネストローネスープ。

まずはアウトドア隊長のみやけんが、鶏の下準備のやり方を教えてくれます。

見た目も結構グロテスク。触ってみるとブヨブヨしていて、まさに本物の鳥肌!

普段の家庭料理では鶏一羽を料理することもなかなかないので、初めての経験だった方もたくさんいたようです。

お腹にピラフを詰め、オイルとこしょう、ニンニクをたっぷり刷り込んでいきます。

そのころにはダッチオーブンがちょうどよい熱さになっていて、野菜とともに、その中へ投入します。 野菜は皮のままゴロゴロといれます。野菜の皮の力はすごいなあ!

そしてパンの準備。一次発酵までできているパンの生地を小さくまるめて、ダッチオーブンにのせます。

お父さんチームは炭の見張り番。

温度調整をしながら、アウトドアの道具談義をしている間、お母さんチームは火を囲んでおしゃべりタイム。リラックスのひと時です。

もうすぐ美味しい料理ができあがるのを待ちながら、子どものことを気にせず、火を囲んでおしゃべり。

スッと空に向かって伸びた森林も、赤くメラメラ燃える火も、心をやわらかくほぐしてくれる不思議な力がありますね。

この時間が子育てや仕事など日ごろ頑張っているお母さん達にとって、ささやかな癒しになっていたらいいなーと思います。

さて、お腹がすいたころ、ダッチオーブンの中もちょうどいい具合!

蓋をあけたら、モクモクの煙とともに美味しい匂いが立ち込めました。そして・・・わあ、できてる!!美味しそう!!

子ども達もミニミニ運動会から帰ってきて、ノンアルコールで乾杯!みんなで料理を頂きました。焼きたてパンも香ばしくて最高!子ども達もパクパク、たくさん食べてくれました。

最後に残りの炭で、焼きマシュマロをやりました。

特大のマシュマロに串をさして、火であぶります。ふわふわのマシュマロがとろっとろに。大きなお口をあけてぱくっ!コーヒーを飲みながら至福の時でした。

ちょうど一年前のまいふらわーで、「外でバーベキューをやってみたい!」という声があり、その実現に向けて少しずつ準備を進めてきました。 今回は祝日企画ということで、お父さんや、普段お仕事をされているお母さんもたくさん参加してくださいました。そして一年ぶりに再会という懐かしい顔ぶれも! 普段まいふらわーに参加できない方たちがこうして集える時間はとても貴重な機会でした。 家庭ではなかなかできないダイナミックな野外料理の体験、いかがでしたか? 緑いっぱいの公園の中でたくさん深呼吸、できたかな? わくわくしたり、ほんわかしたり、あー楽しいなーと感じられる時間を過ごしてもらえていたら嬉しいです。 それぞれまた明日から、一歩、また一歩と進んで、また来年会いましょう!!

保育~ミニミニ運動会~

朝まで降り続いた雨が嘘のように晴れ渡りぽかぽか陽気の中、一列に繋がったかびごん列車は広場を 目指し、しゅっぱーつ!

かけ声とともにゆっくりと進んでいきます。途中、ズルズルズル~と一人、またひとりと前のお友達につられて列車が崩れてしまいます。

『ころんじゃったね~』と、笑いながらすぐに立ち上がり、また列を組み直そうとする子どもたち。さすがです!みんなとっても強かった!

かびごん列車は終点の芝生広場に到着!ここでは、第1回ミニミニ運動会を開催しました!

かけっこ、新聞紙あそび、大玉ころがし、しっぽとり、卵とり競争(パン食い競争のようなゲーム)、パラバルーンなどなど、内容盛りだくさん!

私が小学生のころにやったような懐かしい内容もあり思わずほっこり。

体を動かすことが大好きな子どもたちは、『私が最初にやる!』『早くやりたい!』と気合十分!

『よーいどん!』という声とともに勢いよく走ったり、身長の半分くらいある大きな新聞紙ボールを “コロ コロ コロ”“よいしょ、よいしょ!”と小さい体で一生懸命押したり、『待て待てー!』としっぽをつけたスタッフを追いかけたり…汗をいっぱいかきながら思い切り芝生の上を駆け回ります!

広場には子どもたち、そしてスタッフの笑い声と笑顔が溢れ、とても優しい時間が流れていました。

室内という限られた空間から飛び出した今回の保育室は、みんながのびのびと、イキイキとしていました!

カメラを持つ私は、どのシーンも逃したくない!とシャッターを懸命に切ります!それだけ子どもたちは本当に楽しそうにとても良い表情をしていたのです♪

こうして、盛り上がった運動会は幕を閉じ、子どもたちは大好きなお母さん・お父さんの待つ場所まで戻っていきました。