2016年9月27日の活動

アートセラピー 9月27日

2016年9月27日 第16回まいふらわー

9月の雨が毎日降り続く中、この日はとても爽やかな気持ちのよい日となりました。 参加してくれたのは、お母さん8名、お子さん7名です。 アットホームでとても穏やかなまいふらわーでした。

ふれあい遊び

今回は、「おかぁさんといっしょ」でもお馴染みの「バスに乗って♪」の音楽に合わせたふれあい遊びを行いました。

子ども達は、お母さんと向き合わせになって膝の上に座り、「井の頭公園」に向けて出発! お母さん運転手のバスは、右・左に曲がったり、でこぼこ道や坂道を上ったり、下ったり・・・。

さらには、右左の急カーブとスリル満点!前後左右に揺られながら、部屋中に楽しそうに笑う声が響き渡りました。

音楽の後は、「カレーライス」のパネルシアターのはじまりはじまり。 にんじん・たまねぎ・じゃがいも・豚肉・・・といった材料が次々にお鍋の中に入っていきます。

スタッフが「いってらしゃ~い!」と手を振るとマネする子どもが1人、2人と増え、気づけばみんなで手を振ってバイバ~イ!カレーライスの手遊び歌に耳を傾けながら一緒に歌を歌ったり、パチパチ手拍子をしてマネをしたり・・・。美味しいカレーライスが出来上がりました。

今回、お子さんを預けて1人で来て下さったお母さんが、「遊びの参考にしたい」と、一緒に輪の中に入ってふれあい遊びに参加して下さったり、つい最近生まれたばかりの2ヶ月の赤ちゃんが笑いながら楽しそうにしている様子を見て、「新発見です。家でもやってみます♪」といった嬉しいお言葉を頂きました。

今後も、そんなみなさんからの声にお応えして、お家でもお子さんと楽しめる遊びをしていきたいと思います。 次回もお楽しみに♪

ワークショップ

今日のワークショップは、「アートセラピー」。講師はいつもまいふらわーの保育スタッフとして活躍しているたじー先生です!

アートセラピーって、いったい何をやるんだろう。ドキドキの表情でお母さんたちが部屋へ入ってきます。そこに出てきたのは、とってもきれいな、葉っぱ。

真っ白な台紙に様々な形や色の葉っぱが並んでいます。なんだか瑞々しくて、美味しそう!!「葉っぱって、こんなにきれいだったんだ~」いつもすぐそこにあるはずの葉っぱですが、こうやって並べて改めて見てみると、とても新鮮です。

「えー、これビワの葉っぱなのー?」「わー、どくだみの匂い、くさっ!!」

触ってみたり、匂いをかいでみたり。そこには新しい発見がいっぱい!

さて、今日のアートセラピーは、この葉っぱを使ったネガポジ画というものでした。 自分の好きな葉っぱを選んで、板の上に自由に形を組み合わせ、色鉛筆で色を重ねます。

みなさん、強い色、弱い色、鮮やかな色、にぶい色、と対比を楽しみながら、感じる心のまま、塗っていました。

「こんな風に集中してた時間久しぶりー!!」「いつも子どもがすり寄ってくるしねー(笑)」「子ども達も、こんな風に一生懸命作品つくってるんだねー」

そんな話をしながら、作業を進めてきました。サインをかいて、台紙を貼って、ついに完成!

最後に前に貼って皆で鑑賞会をしました。それぞれが、どんなことを感じたり、考えたりしながら、創作していたのか、感想を一言話してもらいました。

一つ一つの作品に、それぞれ表情があり、思いがあり、個性がありましたね。 たじー先生の柔らかくてあたたかい言葉は、そんな作品達をふんわり優しく包んでくれているような印象を受けました。

まいふらわーが終わった後、たじー先生がおっしゃっていました。

「美術の魅力は、工程の中で様々な体験をするのももちろんですが、作品が残る事で、コミュニケーションが生まれることもそのひとつです。旦那さんと、お子さんと。持ち帰った作品がママさん達の生活をこれからも彩ってくれたらなーと思います。」

みなさんの作品、ぜひ大切に飾ってくださいね

最後に全員でポーズ!

保育室

保育室では、スタートと同時に外遊びへ出発しました。

外では、しゃぼん玉をしたりボール投げをしたり公園の中を探険したり・・・。秋晴れの空の下でスタッフと一緒に遊びました。

外遊びのエピソード・・・

最初、ボール遊びとしゃぼん玉と別々のことをして遊んでいた子ども達。

しゃぼん玉で遊んでいた子がボールで遊びたかったようで「ボールかして!」とお友達に声をかけていました。最初はボールを後ろに隠してモジモジしていたのですが、何度も「いっしょに遊びたいな」という気持ちを伝え続けること数分・・・。

「かして」「いいよ」の会話が成立し、ボールをポンポン投げ合いながら2人で楽しく遊ぶことができていました。

大人が橋渡ししなくても、自然とできた友達との関係。こんなに小さなうちから人との関係を築くことができるんだなと、子ども達同士の関わり合いをみながら感じました。

ランチタイム

今回のランチのメニューは 「厚揚げの肉挟み煮込み、半熟卵そえ タモリ流ピーマンの煮びたし タコのやわらか煮  ゴーヤとれんこんのツナのサラダ さつま芋のせご飯 小松菜とワカメの味噌汁  フィリピンデザート『タホ』~タピオカとお豆腐のスイーツ」でした。

いつの間にか離乳食コーナーがすっかり定着したまいふらわーのランチです。

お母さんとお子さんが同じ部屋にいても、こうして自然と、お母さん同士でゆっくりお食事できるようになってきたことがとても嬉しいですね!

お母さん達も、知っている人も初めて会った人も、和気あいあいとおしゃべりなさっていて、とても素敵な雰囲気だなーと感じました。

ところで、今回のデザート。お豆腐だったことにお気づきでしたか?

調理隊のスタッフが、お豆腐の種類や量、タピオカの歯ごたえや大きさなど、何日もかけてあれこれ試してでき上がった傑作でした!

前回に引き続き、今回もなんと2名の方が、第2子を出産後まいふらわーに戻てきてくださいました。

私たちまいふらわーのスタッフにとって、何より嬉しいことのうちの一つです。必要としてくださる方のそばに、いつもそっと寄り添えるまいふらわーでいたいと、改めて思いました。

いつも来てくださる方、初めて来てくださる方、ずっと前に一度だけ来てくださった方、お手紙を楽しみに待っていてくださる方、HPをのぞいてくださる方、お仕事しながら子育ても家事も奮闘されている方、おうちで子どもと二人きりで毎日向き合っている方、まだお会いしたことはないけどこれから出会うかもしれない方。

一人ひとりのみなさんとの関わりを、ひとつひとつ丁寧に紡いでいきたい、心からそう思います。