2016年1月26日の活動

クリニカルアート 1月26日

2016年1月26日  第12回まいふらわー

青い空にぴりっと冷たい空気の、まさに冬晴れの一日。 8名のお母さんと11名のお子さんが遊びに来てくれました。

親子遊び

今回は、保育園や幼稚園で使われる遊具、パラバルーンを使って遊びました。

子ども達の目の前に広がる大きくてカラフルな布。

まずは輪になって「小さい波~」「大きい波~」と小さく揺らし、大きく揺らしてウォーミングアップです。

パラバルーンを一人で持つことが出来るお姉さんは、スタッフの声かけに合わせて上手に揺らすことができていました。

次はみんなが大好きな「いないいないばー!」

いないいないばーの掛け声で息を合わせてパラバルーンを高く持ち上げると・・・

「いたいた」「おーい!」 お母さん・お友達・スタッフと、みんなの笑顔が覗きます。

顔を見合わせて手を振ったり、名前を呼んで初めての人も顔なじみの人も一緒になって、みんなの笑い声が部屋中に響き渡りました。

最後は、「線路は続くよどこまでも」の歌に合わせて親子でパラバルーンのトンネルをくぐります。 歩ける子は大きなトンネルの中を元気よく歩き、赤ちゃんはお母さんに抱っこしてもらいながらくぐり抜け、音楽が終わると・・・

「あれれ?」みんなが消えちゃった!

「いないいないばー」でパラバルーンを持ち上げると、再びみんな笑顔。今回は、笑って、体をたくさん動かしたふれあい遊びでした。

ワークショップ

今日のワークショップは、「クリニカルアート」でした。

講師はいつもまいふらわーの保育スタッフをしてくれているたじーです。たじーは、臨床美術士としても活躍されている方なのでした!

クリニカルアートって、何だろう?一体何を描かされるのかしら?(笑) 部屋に集まってきたお母さん達、なんだか緊張気味です。

この日のクリニカルアートのテーマは「散歩」でした。

最初にそれぞれ自分の思う「散歩」を感じてみました。 子育て中の小さなお子さんのいる皆さんなので、散歩はきっとイメージしやすいですね。

まずは白い紙を好きな曲線の形に切り取った後、三本選んだ色鉛筆で、点をくりくり描きます。

そしてその点の間を、自由に色鉛筆で線を描いていきます。

こっちに行こうかな~、あ、やっぱり戻ってあっちにしよう! くるっとまわって、びゅーんて進んでみよう! ジグザグ道に、トンネル、穴に落ちたり、ジャンプしたり。 寄り道をして遊んでみたり、戻ってみたり。まっすぐズンズン進んで行ったり。

その様子はまるで、色鉛筆が散歩をしているみたい!!

このあたりから、場の空気がすっかり変わりました。

後にたじー先生が、「集中が緊張を超えた!!」と言っていましたが、本当にその通り!!

最初は緊張感のあった皆さんですが、子どもの泣き声も消してしまうほどのすごい集中力で、いつの間にか夢中になって自分のアートの世界に入り込んでいます。

色を重ねて塗ったり、点々で模様を付けたり、最初の線や点を協調したり。 同じような点でスタートしたはずの皆さんの画面が、いつの間にか立体的になり、それぞれ物語が生まれ、個性的な世界に変身!!

無心になって作業する中に、カリカリカリ・・・コツコツコツ・・・と色鉛筆の音が響き、それがなんとも心地よく。まさに「静」の中から生まれたリラックス!!

最後は、台紙に貼ってサインを入れて、完成した皆さんの作品を前に並べての鑑賞会。 一つずつじっくり鑑賞しながら、感想を発表していただきました。

皆さんそれぞれの発見があり、自分を見つめた瞬間があり、そして何より、デザインしていくという面白さを感じてくださったようです。

いつも子育てに奮闘していて、自分のことはにの次、さんの次になりがちなお母さん。

こんな風に、たまには何もかも忘れて無心になって集中する時間、いいものですね!

保育室

保育室では、風邪やインフルエンザなどが流行している季節ということもあり、感染を防ぐため、いつも以上にスタッフ同士注意して保育を行いました。

お母さんを待つ子ども達は、スタッフと一緒に公会堂の前の公園に行ったり、お部屋の中のおもちゃで遊んで過ごしました。

最初は、寂しくて大泣きしていた子も、気になるおもちゃを見つけると、「なんで泣いていたんだっけ?」と言わんばかりの様子で、おもちゃで夢中になって遊んでいました。

そして、気づけば、一人二人と夢の中に・・・。 気持ち良さそうにお昼寝をしていました。

また、外では、「飛行機だね~」というスタッフの言葉に、一緒に指さして「飛行機だね~」とお話ししたり、お山を登りながら、「いち・に・いち・に」と掛け声をすると「いち・に・いち・に」と言葉を繰り返して遊んでいました。

日常生活のやりとりの中から、大人の言葉を聞いて吸収する月齢の子ども達。 私達も、言葉使いを意識していかなければならないなと思った瞬間でした。

赤ちゃんだった子が、歩きまわりながら大人の目を盗んでこっそりイタズラをしていたり、子ども同士で遊んだり、おもちゃの取り合いをしたり・・・。

毎回、著しく成長する子ども達に会えることを嬉しく思います。

ランチタイム

今回のメニューは、

「カニクリームコロッケと千切りキャベツ・鶏とししとうの黒酢みそ炒め・もやしとひじき、ハムのナムル・自家製黒豆・かぶの梅和え・白菜の味噌汁・ご飯・杏仁豆腐いちごのせ・コーヒー」でした。

毎回遊びに来てくださる常連の方、お子さんを出産してまた久しぶりに遊びに来てくださった方、そして初めて参加してくださった方。

そのまわりには子ども達が泣いたり笑ったり、遊んだりしている姿。 そしてまいふらわーのスタッフ。

それぞれがこうして同じ時間を、ともに食卓を囲んで、和気あいあいと過ごせる空間。 ほっと一息のこのお昼の時間が、みなさんの明日からの活力につながりますように!!

Copyright (C) 2000-2017 hanaoka-cec All Rights Reserved