理念 設立趣意

私たちは、ノーマライゼーションの理念にたち、障がいを持つ方も持たない方も、共に豊かに生きる力を身につけ、社会の中でお互いに認めあって生活ができるよう、一人ひとりを大切にする新しい福祉・教育事業をめざしています。

私たちの理念

★ 一人ひとりを大切にし、お互いを認め合って生きるノーマライゼーション社会をめざします。

★ 心通い合う関係づくりを通して、人として社会の中で生きる人間教育をめざします。

★ 先駆的・開拓的・ユニークな、カラフルで明るく温かい教育と福祉実践をめざします。

設立趣旨

20余年に渡り児童相談と教育活動、知的障がい児の治療教育を行ってきた花岡児童総合研究所の実績を基に、児童及び知的障がい児者の福祉の増進に応じる事業として、より広く社会に貢献できる為に、民間社会福祉事業として、先駆的開拓的ユニークな指導を実施する為に特定非営利活動法人(NPO法人)花岡児童総合研究所が設立されました。

ノーマライゼーションの理念に基づき、障がいを持つ方も、持たない方も、豊かな地域作りと、心通う生活作りを、共に努力し合える気持ちで、地域社会に貢献できることを願っています。

特に、社会自立の為の支援を必要としている知的障がい児者に小回りの利く受け皿を提供し、在宅訪問指導・就労前教育・社会人前教育指導に、民間社会福祉事業として努力します。

また、応対に特殊な専門知識を要する自閉症の方に対して、治療教育を行い、保護者との連携にも力を入れ、共に社会自立、社会適応を支援します。

WHOの障がい者指導理念に沿って、利用者を人として敬い、その障がいを認め、障がいの状況に応じた社会適応をサポートしていく姿勢で、社会的評価を高めて来ました。

その実績を踏まえ、知的障がい児者、及び幼児児童の支援に当る多くの施設や機関で働く現場専門員、将来就労される学生に対し、実践の場と研修の機会を提供し、従事者の指導の質の向上にも力を注いでいきます。

今後も21世紀の福祉向上の為、幼児児童や知的障がい児者に対して、又その家族の福祉の向上を目指す為にも、専門性を活かし質の良い指導を提供していきます。

多くの方々のご理解とご協力を願ってやみません。

 

設立代表 花岡 尚人

 

Last Update 2017.10.31 Copyright (C) 2000-2017 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談